歯列矯正豆知識

矯正歯科の認定医や専門医の違い

歯科医院選び

歯列矯正をはじめようと思って探し始めたけど、数が多すぎてどこにいけば良いのか分からない。
今や歯科医院の数は、コンビニエンスストアの数を上回っています。
そんなに多い歯科医院の中から、腕の良い歯科医を探すのは大変です。
どこの矯正歯科も、マウスピース矯正やワイヤー矯正を行っているので、差別化が非常にしにくくなっています。

技術力が高い歯科医を探すための判断基準の1つとして、専門医や認定医がいる歯科医院を選ぶという事があります。
日本には歯科医師の数が104,533人いると言われています。(平成28年12月の時点)
その中で矯正歯科の専門医と呼ばれる医師はわずか480人しかいません。
この他にも、認定医、指導医という資格を持った矯正歯科医もいます。
これらの方たちは厳しい試験に合格した矯正歯科のエキスパートと思ってもらって大丈夫です。
今回は、専門医と認定医、指導医の違いを含また歯科医院の選び方をご紹介させて頂きます。

歯列矯正は歯科医であれば誰でも出来る

今の日本では、歯列矯正に関する公式な資格がありません。
その代わり、歯科医の免許を持っていれば、誰でも歯列矯正をすることが可能なのです。
歯科大学では、虫歯などの一般治療の他に、矯正治療の勉強もしています。
6年間という長い期間を大学で勉強するため、矯正治療に関する知識はもちろんありますが、実践で矯正治療を行うためには卒業した後にも専門技術を学ぶ必要があります。
先ほど言ったように日本の歯科医師数は約10,000人います。
その中で大学卒業後に、専門知識を学んだ医師は約3,000人います。
この中から専門医と呼ばれる人たちは480人しかいないのです。
認められる確率は16%とかなり厳しいのです。
ただ、この厳しい試験を通過することで、歯列矯正の「専門医」と認められるのです。

日本にある歯科医院で、専門医がいない所でも歯列矯正を行っています。
しかし、矯正治療を行うのであれば、高い技術を持っている専門医に矯正をしてもらった方が安心ではないでしょうか。

認定医や指導医とは

歯科医院のホームページを見ていると、専門医の他に、「認定医」「指導医」という肩書を持った医師がいます。
順番的には、認定医、専門医、指導医という順で難しくなります。
日本には、日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)、日本矯正歯科学会(JOS)、日本成人矯正歯科学会(JAAO)の3つの団体があります。
このうち、日本歯科矯正専門医認定機構には、「認定医」という物が存在しません。

学会・団体認定医専門医指導医
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO) なし
ありあり

日本矯正歯科学会(JOS)
ありありあり

日本成人矯正歯科学会(JAAO)
ありありあり

認定医になるためには、大学で6年間勉強した後に、臨床研修医を1年、大学の矯正歯科で基礎を2年、指導医の元で最低でも3年学ばなければいけません。
一番取りやすいと言われている認定医でさえ、かなり難しいのです。
専門医ともなると、そこから更に5年以上修行をして、多くの治療経験と高い技術を習得しなければいけません。
そして、今まで治療をしてきた患者さんの症例を提示し、学会の専門試験に合格することで専門医の資格を得ることが出来ます。
指導医は、矯正医に指導をする立場の歯科医です。
指導する立場なので、こちらも多くの知識や高い技術が必要になってきます。
認定医を取得したあと、大学で3年間研究を続けると指導医の資格試験を受けることが可能になります。
多くの方は、私学博士の学位を同時に取得します。

最近では、学位よりも専門性を問われることがおおく、このような資格を持っている歯科医を選べば間違いないでしょう。
認定医、専門医がいる矯正歯科であれば技術的な不安を覚えなくても大丈夫です。
歯並びが極端に悪い方でも、最善の治療方法を導いてくれるでしょう。

歯科医院選びの重要さ

歯医者を選ぶ理由で、とりあえず一番近いからという理由で選ぶのはあまり良くはありません。
特に、歯列矯正など高額なものであればあるほど、しっかり選ぶべきです。
最近では歯医者の数が増えすぎて、技術や知識がないのに治療を行っている所が本当に多くあります。
マウスピース矯正で有名なインビザラインは、歯科医の技術が未熟でも、取り入れやすいためどこの歯科医院でもみかけます。
ここの歯医者さんは良い人だからという理由で選ぶのも1つですが、資格を持っているかどうかという事を判断基準にするのもいいでしょう。

矯正治療は2~3年と長い期間行います。
ワイヤー矯正であれば1か月に1回、マウスピース矯正でも2か月に1回の頻度で通院することになります。
途中で不信感を持っても、一度始めてしまうと最後まで通わなければいけません。
歯の矯正の学会だけでも今回3つご紹介しましたが、歯科に関する学会を調べると本当にたくさんあります。
日本歯周病学会、日本歯科麻酔学会、日本小児歯科学会…などなど。
あげるときりがありませんが、通常のワイヤー矯正やマウスピース矯正を考えているのであれば、細かい所までは特にきにしなくてもいいでしょう。
矯正歯科に、「認定医」「専門医」がいるかどうかという事を判断基準にしてみてください。
自信をもって、ここの歯科医院なら任せることが出来るという所を選びましょう。